ウチダの雲南貴精(粉末状)300gバラ 添付匙つき 26周年記念特販!を新たに開始しました。

   

un660

ウチダの雲南貴精(粉末状)300gバラ 添付匙つき 26周年記念特販!を新たに開始しました。

promini

お客様、会員様各位

新たに雲南貴精(粉末状)300gバラタイプを組み込むこととなりました。2016年3月5日から購入可。
本日の役員会議で決定しました。
この3月途中からセールに便乗する形のデビューとなりますが、4月以降も特販!、セット販売も定番化いたします。

経緯としては、ここ近年になり、雲南貴精(粉末状)300gバラへの需要が激増し、多くのお客様から「さらなるご奉仕価格」のご要望が多かったと思います。
素材は従来通り、最高級の霊芝抽出エキス、田七人参末、枳穀抽出エキスの原材料にて、当店では採用以来15年を経ています。

雲南貴精はご承知のように「粒タイプ(つまり錠剤)」が25年間、隆盛を極め、ほとんどの顧客様が540粒をご所望されております。

ただ、近年になり、原末志向のお客様が全体的に増加していることは事実であり、医薬品においても原末散剤(ウチダの散剤、杉原の散剤、大草の製品の一部など)が大幅に需要が伸びております。
その背景となるユーザー志向としては、価格が廉価、かつ本物志向、賦形剤(添加剤)などを極力減らしたいなどのご意見があるようです。。

雲南貴精(粉末状)300gバラは当初はマニアック的な存在志向の商品ではありましたが、ここ2、3年のうちにユーザーの流れに変化が見られました。
実店舗においては、当初から粉末状をご希望されるお客様が増加し、錠剤7に対し粉末3にまで伸びております。

1日6グラムを目安とすれば1瓶が300gで50日分。つまり2ヶ月弱もつことになります。
さらに、あくまでも目安ではありますが、個々に「匙(さじ)加減」もできるという漢方愛好家としては納得できる製品かもしれません。

今回、特販!設定するにあたり、1個から平常価格を大幅に値引きし、3個セット、さらに6個プレミアム26周年記念セットを設定いたしました。

こちらです。
PC(パソコンカート)

kakakukakunin0

SP(スマホカート)

kakakukakunin1
現在、当店におきましては昨年来より25周年記念を本年6月10日のプロドラッグ創立記念日まで実施しております。
しかし、この4月からは徐々に先行して26周年へと移行する所存です。

従って、今回その皮切りとして、当店ではまずは第一推奨品の一つ、雲南貴精(粉末状)300gバラを26周年記念アイテムとして設定いたします。
今後もどうぞ雲南貴精の粒状と粉末状をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(店主敬白 2016年3月4日)

kisei540

従来から大人気の粒タイプの雲南貴精

スポンサーリンク

雲南貴精(粉末)300gの概要

kiseimini

【雲南貴精(粉末)300gの概要】

名称:霊芝抽出エキス、田七人参末加工食品

原材料:霊芝抽出エキス、田七人参末、枳穀抽出エキス、バレイショデンプン、結晶セルロース

摂取の目安:1日6gを目安に水又はお湯でお召し上がりください。

保管及び取扱い上の注意:開封後はフタをしっかり閉め、直射日光や湿気の多いところを避け、冷暗所に保存してください。

販売元:株式会社 ウチダ和漢商事RT 東京都荒川区東日暮里 4丁目4-10

区分:健康食品

雲南貴精(粉末状)300gバラのご購入へ

un1

雲南貴精(粉末状)300gバラ 添付匙つき・26周年記念特価!
税込32,400円→ 税込特価 25,300円

un3

雲南貴精(粉末状)300gバラ×3個26周年記念セット添付匙つき
税込97,200円→ 税込特価 71,400円

un6

■雲南貴精(粉末状)300gバラ×6個セット プレミアム26周年記念セット添付匙つき
税込194,400円→ 税込特価 129,000円

PC(パソコンカート)

kakakukakunin0

SP(スマホカート)

kakakukakunin1

こちらのサイトもぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
コメントの入力は終了しました。