五苓散(ごれいさん)は、水毒を改善し、同時に口渇、下痢、浮腫(むくみ)などを緩和する駆水剤。

   

0mizu

五苓散は、水毒を改善し、同時に口渇、下痢、浮腫(むくみ)などを緩和する駆水剤。

pro3

実店舗においては、四季にかかわりなく「五苓散(ごれいさん)」が相変わらず出ております。
駆水剤として代表処方とも言え、むくみや頭痛、水腫等に多く用いられていますが、初めてのお客様からのご質問も多く、
あらためてここに記載いたしました。

【五苓散の出典】

五苓散は、医書「傷寒論(しょうかんろん)」、「金匱要略(きんきようりゃく)」の太陽病中編に収載されている薬方処方です。
のどが渇き、尿量が少ない方の浮腫、頭痛などに効果があります。

(我が国における効能・効果)

のどが渇いて、尿量が少なく、はき気、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:
水瀉性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ

【構成生薬】

沢瀉(たくしゃ)、蒼朮(そうじゅつ)、猪苓(ちょれい)、茯苓(ぶくりょう)、桂皮(けいひ)

【効能】 駆水剤の代表処方と言えます。利水滲湿・通陽・解表

肺熱の喘咳・呼吸困難・呼吸促迫・口渇・熱感・発熱・無汗あるいは有汗などの症状で、舌苔は黄。

◎五苓散は、人体組織の余剰の水分を血中にひきこむことによって利尿し、同時に口渇、下痢、浮腫などを緩和します。

◎白朮・茯苓・猪苓・沢潟は、余分な水(水毒)を血中に吸収して、利尿作用によって排除します。

◎猪苓・沢潟は尿細管再吸収抑制による利尿作用を有します。

丸桂皮(桂枝)は、血管拡張により血行を促進し、利水剤の効果を強めます。

【ご注意】

■当店では明らかに脱水症である患者には五苓散は用いません。

■気虚(疲労、食欲不振等)を併発しているケースでは補中益気湯を一緒に処方いたします。

【当店で取り扱っている五苓散の漢方製剤】

PC(パソコン・カート)
kakakukakunin0

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク