不育症(ふいくしょう)と漢方

   

不育症と漢方

saori

漢方専門店「薬のプロたん」店長の田中です。
いつもアクセスをありがとうございます。
不育症(ふいくしょう)になる確率は、年齢とともに高まります。高齢出産を目指す場合、大事なことは五臓の腎(じん)を養うことが目標となります。
以下、簡単にまとめてみました。

【不育症について】一般的に不育症とはどういうものをさすでしょうか。

不育症とは、妊娠はするものの、流産・早産を繰り返したり、死産となったりする状態を指す。
◎習慣流産:3回以上の連続した流産
◎反復流産:2回続けての流産
◎その他:1回以上の妊娠10週以降の死産(子宮内胎児死亡)など

【検査】病院における検査項目を列挙してみました。

内分泌検査(血液検査)
甲状腺機能、下垂体ホルモン、卵巣ホルモンについて調べる。
着床やその後の妊娠の継続に必要な黄体ホルモン(プロゲステロン)。
母乳や生理の調節に関係するホルモン(プロラクチン)。

子宮形態検査(X線造影・内視鏡)
造影剤を子宮のなかに入れてレントゲン撮影。
子宮内腔の状態と卵管の通過性を評価する子宮卵管造影検査。
内視鏡を用いて子宮の中を観察する。

自己抗体検査(血液検査)
自己抗体は自分の体に対する抗体である。
血栓(血の塊)が原因で流産が起きることがある。

凝固系検査(血液検査)
凝固能・凝固因子を調べる。

染色体検査(血液検査)
ご夫婦それぞれの染色体の数や状態を調べる。

【不育症と漢方】不育症における漢方療法、漢方処方など。

(腎陽虚(じんようきょ)

症例として証は、比較的に腎陽虚(じんようきょ)が多いです。
腎の陽気(腎陽)が不足している体質で
腎は五臓の一つで、ネルギーや栄養の基本物質である精(せい)を貯蔵します。
また成長・発育・生殖をはじめ水液や骨をつかさどる臓腑とも言えます。
腎陽が虚弱になると、性機能や内分泌機能が衰え、不育症に陥りやすくなります。
漢方薬で腎陽を補い、不育症に対処することが多いです。
その代表的な漢方処方として八味地黄丸(八味丸)が挙げられます。※

※あくまでも数ある漢方処方の1例であり、必ずしも効果を保証するものではありません。
※不育症の漢方処方の事例は個々の体質により、決定されるものであり、
八味地黄丸(八味丸)に限局されるものではありません。

2011097321image22

ウチダの八味丸500g

pccart

spcart

【当店で取り扱っている八味丸処方】

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク