銀翹解毒散(銀翹散)の在庫について・・。

   

■銀翹解毒散(銀翹散)ぎんぎょうげどくの世界

銀翹解毒(ぎんぎょうげどく)

3年前から価格上昇中の生薬「金銀花」。困ったもので昨年も高騰し、現在では落ち着いてはいるものの、今度は在庫の問題が浮上。頭が痛いです。

つまり冬のシーズン前に当店から無くなることも有り。。ご注意ください。
当生薬を原料とした製剤が銀翹解毒散や五物解毒湯、三金湯。ばんらん根と並び、抗菌作用のある生薬は「金銀花」だけです。
11月に入り、急速に気温が下がっているせいか、のど痛の風邪が多く、平素の倍近くの需要のある「銀翹解毒散(銀翹散)」。

この銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)は、12月に品薄、欠品があるかも・・との内容で過日ご案内しましたが、
どうも在庫が微妙です。
現在、特売も実施しておりますが、今後は値上げも必須となります。
大量ご購入予定のお客様は誠に恐れ入りますが、予定を繰り上げてお申し込みください。
こちら
銀翹解毒散(銀翹散)ぎんぎょうげどくの世界

「銀翹解毒散エキス細粒」は、消炎作用などを持つキンギンカ、レンギョウ、皮膚から熱を発散するとともにのどのはれや痛みを軽減するハッカ、ケイガイ、のどの炎症を鎮め痛みを止めるとともに、せきを鎮めるキキョウ、ゴボウシなどの10種類の生薬から成る処方です。
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。