日経新聞の「漢方道場」が面白い

   

薬剤師プロたん

日経新聞の「漢方道場」が面白い

日本経済新聞の・・ライフトップ > ヘルス > 漢方道場 で辿っていくと、漢方についてのQ&Aのコーナーがある。
北里大学の花輪先生が対応されているコーナーだ。

NIKKEI STYLEはライフスタイルに知的な刺激を提供する無料情報サイトです。ガジェット、クルマ、エンタメ、グルメ、ワークスタイル、健康、暮らし、資産運用や家計管理に役立つノウハウなど、ビジネスパーソンだけでなく幅広い読者の知的関心にこたえます。

ほとんどが過去記事をまとめているものだが、読んでみると結構面白い。
日常のお店におけるご相談事項と共通点もあり、興味深い記事がある。

簡潔明瞭にまとめており、一部は有料記事のため途切れることもあるが、「無料会員登録」をすれば
有料会員限定記事を月10本まで閲覧できるなど一部サービスが利用できるのも嬉しい。(2015年9月1日現在)

例えば「まぶたの下のけいれん、効く漢方薬はある? 」など、日常のちょっとした出来事の質問など、網羅されており、
漢方専門薬局へ行ってわざわざ相談するほどでもないが、でも凄く気になる・・・。
そのような時の漢方などの事例が掲載されている。

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク