切手 買取 を専業とする会社が人気。それも無料出張訪問、無料査定で。

   

imagestanp

BBBBimage4 こんにちは。プロたんです。

今日はGWともあって、店舗はお休み。ちょっと趣味の話題を載せました。
「切手の売却」の話です。

日本経済新聞 記事:
昔集めた古切手は宝の山? 中国切手なら高値の場合も
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO45345400U2A820C1W14001/

そして、今、巷で話題となっている次の会社のニュースです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
切手 買取 を専業とする会社が人気。それも無料出張訪問、無料査定で。

【新しい買取型への挑戦】

今までは、直接店舗へ出向き、商品を持ち込むパターンが常であった。
つまり「店舗来訪型」である。

それが近年、宅配業界の発展により、自宅にいながらにして、商品を梱包し、
送ってすぐに査定してもらい、その金額を自身の銀行に振り込んで頂ける「宅配買取型」が広く普及している。
これもネットの恩恵と、デリバリーシステム利用のメリットと言っても過言ではないだろう。

とにかく、早く、スピーディーに査定して頂き、いわゆる相場価格に見合う買取りをしっかりとして頂ける会社に人気があるようだ。
もちろん社員教育も、「懇切・丁寧」を旨とした接客姿勢も会社評価の一つに入ることは言うまでもない。

さて、ここで特筆されるのは、切手買取を専業とする会社はもちろんであるが、
さらに全国ネットで無料出張訪問、無料査定サービスを実施する会社が出現した。

つまり「無店舗出張型リサイクルサービスとも言え、多分業界では初めてであり、現在最も注目されている。

【アプローチから買取までの流れ】

流れとしては、

インターネットから簡単なメール申込み。(24時間受付)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
買取専門会社との簡単な打ち合わせ。(営業時間9時~21時)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
担当査定員の出張訪問(全国組織のため最速30分で、無料査定に来てくれる)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
熟練担当のため、査定・鑑定スキルが高く、ごく短時間で査定。※
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
査定金額が決定。
金額に納得すれば、その場で「現金」を受け取る。
商品はそのまま引き取りしてもらう。

以上、流れとしてはこんな感じだ。
いちいち、店舗に出向くこともなく、また宅配屋さんが間に入ることもない。
さらに「その場で現金受取り」というのも、極めてスピーディーで現実的だ。

※なお、出張料金、査定料金。万が一のキャンセル料金も全て無料だから安心だ。

※また、全国ネットと言っても、かなりローカルなエリア(山奥とか)については、
宅配買取に切り替えることもできるから、安心して問い合わせしてみると良い。

【専門的なスキルだけではなく、親切・柔軟な対応】

特に未使用切手で保存の良い記念切手であれば言うことはないが、
例えば、他店でも断られる外国切手なども査定の対象に入るから嬉しい。

売るに売れず、「たんすのこやし」にする前に、まずは問い合わせてみよう。

古い切手 OK!  切手シート     OK!
外国切手 OK!  お年玉シート    OK!
琉球切手 OK!  年賀状・ハガキ   OK!
普通切手 OK!  収入印紙      OK!
記念切手 OK!  遺品整理でできた切手OK!

【買取後の切手流通について】

素朴な疑問であるが、「いらなくなった切手やはがきは郵便局で返金してもらえるか?」
もちろんできない。

現在の日本における切手の一般収集家は減少中。
しかし、マニアは根強く存在する。
また、中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多いと伺った。

切手流通を得意とする会社ならではの特ネタ情報だ。

従って、売却するなら今まさにその時かも知れない。

過去から切手を愛好収集していたが、今は特に不要で、可能であればすぐにでも売却換金したい。
そのような方にはまず、お気軽に問い合わせしてみると良い。




公式サイトはこちら→ 切手売るならスピード買取.jp

スポンサーリンク