回春仙(かいしゅんせん)のページ・リニューアル(不調と五疳薬とは)

   

回春仙のページ・リニューアル(不調と五疳薬とは)

プロたん店長の沙織です。 少しずつ秋めいてきました。

早朝、多摩川沿いにウォーキングをしましたが、 久々にすがすがしい空気を味わった気分です。

運動不足が祟ったのか、早足ですと少々息苦しかったです。汗

今日はwebページを一新いたしました「回春仙(かいしゅんせん)」の お話を少しいたします。

回春仙(かいしゅんせん)

回春仙(かいしゅんせん) → http://www.protan2.com/kaishun/

健康な人でも興奮すると胸がドキドキすることがあります。

また急な坂道や階段を駆け上がったり、激しいスポーツの後では、 息切れがするのが普通です。

ところが次の様な「どうき」、「息切れ」は心臓の不調つまり、 心臓のポンプとしての働きが鈍くなった時に起こります。

●散歩や軽い体操などの運動後の どうき、息切れ

●階段をゆっくり上がっただけで起こる どうき、息切れ

●人と話しただけで起こる 息切れ ●入浴時の着物の脱着時に起こる どうき

【回春仙の概要について】

回春仙は、大人特に中高年だけの薬ではありません。

最近では、肥満、ストレスなどが原因で、どうき、息切れを訴える若い人も多くなっています。

肥満、ストレスでお悩みの若年層の方にも、ぜひ回春仙の服用をお奨めします。

回春仙は強心薬なので、服用により心拍数が増えるのではないか?と心配する人が おられますが、頻脈の場合(症状:どうき等)には、心拍数を正常化(心拍数を減少させる)し、 又除脈の場合(症状:めまい、立ちくらみ等)は反対に正常域(心拍数を増やす)に 増加させるという結果が得られています。 どうぞご安心されてご使用ください。

回春仙(かいしゅんせん) → http://www.protan2.com/kaishun/

【回春仙の働き、内容的には実際にどんなものなのか?】

回春仙は、自然から採取したジャコウ、ゴオウ、センソ、熊胆(ユウタン)、ニンジン、 サフラン、イカリソウ、といった全部で13種類の動植物生薬をバランスよく配合した、 生薬強心剤です。

主に動悸、息切れ、立ちくらみといった心臓の不快な症状を改善するお薬です。

回春仙の主な作用は、ジャコウ、ゴオウ、センソによるものですが、 その他の生薬は協力的に作用して効果を高め、また各成分が漢方的に複雑な総合作用を発揮し、 幅広い効果を生んでいます。

このことは回春仙が五疳薬と言われる由縁でもあります。

以上のように、五疳薬でもある回春仙は、動悸、息切れ、 立ちくらみといった症状の改善だけでなく、 弱った臓器の働きを高め、また五臓のバランスを整える作用があり、 心臓を中心に五臓全体に好影響を与える生薬強心剤です。

※五疳薬とは 五疳薬とは、五臓の働きが弱まること、また五臓のバランスが崩れることによって起こる、 さまざまな症状(動悸、息切れ、めまい、立ちくらみ、寝汗、手足の冷え、肩こり、 不眠、疲労感等)の改善に用いる薬をいいます。

回春仙(かいしゅんせん) → http://www.protan2.com/kaishun/

【回春仙(かいしゅんせん)の価格】お得なセット販売を実施中。

回春仙(かいしゅんせん)

回春仙は、強心作用を有する生薬配合(動物性生薬)の和漢薬です。立ちくらみ、心悸亢進などの他、胸痛、腹痛などにも穏やかな効果を有します。粒も同系統で発売されている他社品と比較し、粒が大きめであるため服用に便利と好評です。
スポンサーリンク