こういう時にこそ、雲南貴精

   

こういう時にこそ、雲南貴精

いつもありがとうございます。

日中は暑くても、朝夕はいくぶん涼しくなりました。 なんだかんだ言っても・・やはりお彼岸が時節の境目になると思います。

今が油断大敵。ちょうど夏の疲れが一気にでる時です。 相談外来のお客様もお話されています。 気をつけましょう。

・今年の夏は、特に疲れがとれない。 ・疲労感をおぼえるが、ぐっすり眠れない。 ・体がだるく、仕事に集中できない。

★こういう時にこそ、雲南貴精をしっかりと飲みましょう。 特に肝臓が気になる方には推奨しています。

【雲南貴精の人気上昇中、原料の秘密】

適度な運動も必要ですね。

先月度のまでの5ヶ月間集計で、雲南貴精のご注文の件、女性が男性を抜き、逆転いたしました。(汗)

だから何だ?・・と言われても困るのです、正直申して「ウーマンパワー」の凄さに驚いております。

人気が益々上昇中の雲南貴精(うんなんきせい)です。

用いる霊芝(れいし)の素材、供給元は群馬県の老舗、赤霊芝の製造を専門とした大手業者です。

霊芝の種類にもいろいろあって、特に赤霊芝は従来から薬効が優れ、極めて稀少と言われております。

長年の研究から、巨大なハウスの中で丹精込めて「光・水・土・おがくず」に気遣い、 多くの作業員の方による手作りにより「赤霊芝」が栽培されています。

ウチダ和漢薬の「A霊芝」の判定基準として、この特上物の「赤霊芝」が該当し、菌の植え付けから 原形採取までの月日、作業工程はなんと2年近くかかると伺いました。

一般的に、「霊芝」の栽培は1年以内で採取と言われていますが、期間的にも「赤霊芝」の栽培は倍以上の労力を費やすわけです。 ちなみに、全くの無農薬です。

このように特殊な設備、長い期間と、労働により「赤霊芝」つまり「A霊芝」が完成、誕生いたします。

一方、中国現地法人(ウチダ和漢薬)管理下の元で栽培、採取された雲南省産の田七人参。

こちらも最高級品と言われている田七を厳選し、本国日本、ウチダ和漢薬・新潟工場(大潟)へ輸送いたします。

ここで、前述した「A霊芝」と粉砕・加工・混合と厳しい検査基準の工程を経て「雲南貴精」が出来上がります。

雲南貴精

【ウチダ雲南貴精の廉価特売】

現在、こんなお客様におすすめしています。

●夏ばて、残暑ばてが気になる方に。。 ●免疫、抵抗力に気遣う方に。。 ●素材を厳選され、特に和製の霊芝を愛される方へ

サイトはこちら→ http://www.protan2.com/uchida/un.html

■ウチダの雲南貴精540粒・日替わり特販 20,580円→ 税込 15,000円

■ウチダの雲南貴精540粒×3個セット・日替わり特販【7・8月度は一番人気でした!】 20,580円×3=61,740円→ 税込 43,500円 https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=22116703

■ウチダの雲南貴精540粒×6個正箱・最終リミット特販! 20,580円×6個=123,480円→ 税込 82,490円 https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=2004071706

■ウチダの雲南貴精540粒×6個正箱×2箱・弊社創立記念特販! 20,580円×12個=246,960円→ 税込 160,750円 https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=2009112300112

【ぷろたんの知っ得コーナー】

■廉価ネタ サイト紹介コーナー

廉価のコンドロイチンZX錠、ササヘルス、恵命我神散、正官庄 高麗紅参、キョーレオピン、バランスターWZ などが全て廉価のサイト紹介コーナーです。必見!

こちら→ http://www.protan2.com/neta2012

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク